外食産業・学校給食・食品工場など廃食用油を回収し、リサイクル工場で再生され混合油となり再利用されます。

混合油の精製工程

回収された廃食用油の再生まで

レストラン・食堂・学校給食・食品工場などから回収した廃食用油は、リサイクル工場で選別作業、夾雑物の除去、ろ過されて混合油となり再生され工業用に販売されます。

混合油の精製の流れ

廃油再資源化の流れ

廃油の集荷
回収トラック レストラン・食堂・学校給食・食品工場へ回収に伺います。
外食産業等での使用済食用油は、一斗缶・ドラム缶などをご用意し、定期回収、または、ご連絡を受け回収に伺います。
回収した使用済み食用油は工場内のタンクに集積します。
廃油の貯蔵
原料タンク 回収した廃食用油を用途別に分別します。
分別した廃食用油を精製タンクへ移します。
油水分離・固液分離
クッカー 選別した油を過熱し溶解します。その際に天かす・揚げかすなどの不純物を取り除きます。不純物を取り除いた油を自然冷沈殿させ、油と水を分離させます。
不純物除去・ろ過(フィルタープレス)
フィルタープレス フィルタープレスにてろ過、精製処理し製品タンク内に移します
出荷
再生油タンク 再生された混合油は動物飼料・脂肪酸・燃料・塗料などの工業用に出荷します

メールでのご依頼